外観 1/15
サブエントランス 2/15
ロッカールーム 3/15
レンタルショップ(1) 4/15
レンタルショップ(2) 5/15
チケット・カフェ(1) 6/15
チケット・カフェ(2) 7/15
ゲレンデサイン 8/15
レストハウス 9/15
ゲレンデ(1) 10/15
ゲレンデ(2) 11/15
ゲレンデ(3) 12/15
ファサードサイン 13/15
外観(夜) 14/15
全景(夜) 15/15

奥利根スノーパーク「GATE HOUSE」

スキー場の看板(サイン)となる建築

滑れる人にゲレンデの評価が高い老舗スキー場の課題は、麓のサービス施設の老朽化と貧弱さでした。若いプレイヤーをはじめより多くのお客様への訴求効果を考え、幅40m高さ8mの大きなガラススクリーンをもつゲートハウスを計画しました。大きなガラススクリーンにより、ロードサイドからの視認性も向上し、夜は駐車場も明るく照らす、建物自体がスキー場の看板となる建築です。初年度は前年比で利用者が2割増加し、売上と利益の向上に貢献しました。

サービス内容:建築設計監理/家具デザイン/照明デザイン/ブランド戦略
設計チーム:佐竹永太郎/上村源/小山内博樹[構造]/安原正樹[照明](plusY)
施工:萬屋建設

Title:
奥利根スノーパーク「GATE HOUSE」
用途:
レストラン・レンタル・ショップ・ロッカー
構造及び階数:
鉄骨造 地上2階
規模:
498㎡
所在地:
群馬県利根郡みなかみ町
期間:
設計 2013.01~2013.07
工事 2013.07〜2013.11
Media:

RELATED PROJECTS